車を売る時に必要な書類

 


車を売る時に必要な書類は、「車検証」「自賠責保険証」「実印」「印鑑証明書」「自動車税納税証明書」があります。

まず、「車検証」と「自賠責保険証」これは車を買った時にセットにして助手席前のグローブボックスに入れている人が多いと思います。

(本来、車検証は車に置きっぱなしはよくないですが、ほとんどの人はそのままだと思います)なので、それをそのまま提出すればいいと思います。

「実印」と「印鑑証明」は車を売却する時もですが、車を購入する時にも必要になってくるので、車を持っている人ならば必ず持っていると思います。

ただし、「印鑑証明書」は過去3カ月以内に取得したものとされています。なので期限ギリギリの「印鑑証明書」だと買取の際に断られる可能性があるので、期限ギリギリならば、再度取り直したほうがいいと思います。

ちなみに「印鑑証明書」は車の名義を変える時に必要となりますが、場合によっては2枚必要になる場合もありますので、再取得するならば念のため2枚取っておくのがいいと思います。

そして、意外と無くしてしまうのが、「自動車税納税証明書」です。

「自動車納税証明書」は毎年4月下旬頃に車の所有者に郵送で送られてきて、各自、金融機関やコンビニなどで払うと思います。

そしてそこで払った際に徴収済みの印鑑を押印された物が必要となります。小さい紙なので無くしてしまいがちですが、私は払ったら車検証と一緒にして無くさないようにしています。

ただし、最近はインターネットでも納税できるので、必ず必要ではなくなってきています。

買取店としてはきちんと納税していると言う証明があれば大丈夫なことが多いので、ネットで払った場合などは確認画面を印刷して持っておけば「納税証明書」は不要な場合もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket