高く売れる車の条件

   2018/05/02


高く売れる車の条件を少し上げたいと思います。まずは状態が綺麗なことです。

当たり前ですが、傷、ヘコミなどがあるとその分金額は下がります。高く売る為には見た目はとても大事です。

そして、次に走行距離が短いことです。エンジンは実質は消耗品なので、走れば走るほどいろいろな部分で不具合が出てきますし、エンジンだけでなくボディーも走行距離がいけば歪んできます。なので走行距離が少ないというのも高く売る為にはメリットの一つです。

そして、人気モデルであることも重要です。沢山売れた車はそれだけ人気があるので、中古車市場でも高値で取引される傾向にあります。

そして、色も大事です。一般的にはホワイト系が高く売れると言われています。新車で買う時もホワイトだけ少し値段が高かったりもします。前にディーラーに聞いた時は塗装の関係だと言われたことがあります。新車で買うときは少し高いですが、その分売る時は高く売れるそうです。

そして、意外と大きいのが車検の有無です。車検がまだ残っている車は車検が切れている車よりも高く売れます。

考えてみれば当たり前ですが、車検がまだ残っている車ならば、買った人もすぐに乗れるのでいろいろな手間が省けますし、売る方も「車検残り1年」を全面にだして売ることができます。

なので、車検ギリギリでうるならば、車検が残り1年くらいで売った方が確実に高く売れます。

車の査定はは他には、事故者じゃなかったり、不具合がなかったり、改造してなかったりとまだまだありますが、とにかく綺麗に、走行距離がすくなく、人気車種のホワイト系、そして車検残し。これくらいを覚えておけばいいと思います。

>>車買取比べて最高値TOP 車査定業者ランキングはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket