中古車を買う時の注意点

 


中古車購入時の注意点は、やはり車の程度ですね。

事故車の場合は、通常より車が安いですが思わぬ故障やトラブルの原因になりかねないので出来れば避けるのが無難ですね。

事故車でもいいから、安く買いたいという場合は何処を修理しているかをしっかりとチェックしてなるべく大掛かりな修理でないものを選びたいところです。

また、年式については出来るだけ新しい物を選びたいですね。古くなると距離を走ってない車でも傷んでいるところがでてきます。

やはり古いとゴムやパッキンなどの部品は必ず痛んできますから、購入後すぐにオイル漏れやエアコンのガス漏れなどの故障になると困りますから新しいことにこしたことはないです。

また、新しくても走行距離が多いものも出来れば避けたいところです。

距離を走っていれば、新しくても駆動系やサスペンションなどは劣化、摩耗しますから、購入後の修理費用が掛かってくることになりかねないので避けるべきだと思います。

あとは、購入までの整備記録が残っているのが望ましいですね。

どういった故障があったとか、オイル交換などキチンとしていたかなども把握できるのが良いと思います。

もし、個人間での購入の場合でも誰が使っていたか分かるほうがいいです。やはり乗る人の癖というのがあって、乗る人が変わったら急に故障するといったこともあるんです。

ですから、車の程度や整備費記録には拘ったほうが良いと思います。あとは、自分の予算から忖度すればいいと思います。

ディーラーで購入するメリット

中古車を購入するなら、やはりディーラー系が一番オススメでしょうか?

町の中古車屋のほうが価格は安めではありますが、購入後のメンテナンスや故障の対応となると中々金額的な対応が渋い傾向があると思います。

そこはディーラー系であれば、最近では有料ですが延長保証などのサービスがあり車を購入後の大きなトラブルでも保証対応でお金が掛からないのが良いです。

やはり、中古車では大きな故障などでお金が掛かる心配がありますから、そこの対応となるとディーラーが強いと思います。最近の車は新しくても、思わぬところが故障する場合がありますから、保険をかけておきたいところです。

ほかでは最近はガソリンスタンド系列でも車検や車の販売をしているところもあります。こちらはオークションから希望の車種を購入できるので安く購入できるのがメリットです。

また、購入特典として系列のガソリンスタンドでの割引やオイル交換が無料になるなどのサービスを展開しているところもあります。
こういった特典は車にかかる維持費が抑えられて、とてもありがたいサービスですね。

中古車購入は、前のオーナーの扱いや、車の程度いかんでお金のかかり具合が変わってきますから、なるべく高品質の車両を安く購入できて、購入後の維持費を抑えられるのが大事かと思います。

そうなってくると、やはり小さい車屋では対応しきれない部分も出てきますから、大手で購入するのが車の選びやすさからもオススメできるかと思います。

中古車は納車が早い

中古車購入は、新車を購入するのと違い車両がすでにありますから購入から受け取りまでが、早いのが魅力です。

基本的には名義変更や車庫証明を取れば、すぐにでも自分の物になります。

このあたりは、自分でやれば費用が浮かせられますが平日しか受け付けていませんから、基本的には業者にお任せになります。

あとは、やはり納車前には購入業者での納車前整備が行われます。購入後の思わぬトラブルや、保証の為の確認としてもしっかりと受けることになりますね。

この辺りは、ディーラーなどの大手だと順番待ちになることもあって、少し時間がかかる傾向にあります。とは言っても新車なら契約しても何か月も待つことがありますが、中古車なら1週間程度で納車となります。

あと、購入時の費用ですが新車ならディーラー系で利率の安いローンなどが用意されていることもありますが、中古車では自分で銀行などで借りてくる必要があります。

ディーラーや中古車屋でもローンは組めると思いますが、最近は銀行などでも利率の低いカーローンを用意することもあるので購入時には安く借りられるところを調べておくと良いと思います。

あとは保険にも入らないといけませんね。自賠責と任意保険が必要ですが、自賠責は前のオーナーのものが残っている場合が多いですね。

任意保険は入っているものがあれば、車両の切替を車の引き取り日に合わせて手続きをしておく必要があります。

車両保険も入っていれば、金額が変わってくるので追加費用が必要になる場合もあります。

中古車購入でチェックしたいポイント

中古車の状態や見分け方ですが、最近の車は修理技術の向上もあって素人がパッと見た限りでは、まず良し悪しは分からないと思うのが正直な感想です。

事故車でもプロが見ても気づきにくいケースもありますから、素人が気が付くことは難しいです。

ですから、素人の場合はあまりアレコレ気にしても無理だと思います。とはいっても、最低限気にして欲しいところはあります。

少し離れて、車を眺めるんです。その佇まいをチェックしてみてください。

ここで、なんだか違和感だとかシッカリした感覚がない場合は避けたほうが良いです。

良い車というのは素人が見ても、見た感じがシッカリしているように見えます。そう見えない場合は、事故車であるとか何か車に問題を抱えている場合があります。

あとは、整備記録が残っているかですね。

どういった故障があっただとか、キチンとオイル交換をしていたかとかメンテナンスとキチンとしていたか確認したいですね。そういった意味で、オイルキャップを外して中の汚れ具合を見てみるのもいいかと思います。

前のオーナーが女性の場合などは、手荒く乗られていなくてもメンテナンスをしっかりしていないケースもありますから整備記録があることが大切になってきます。

また、中古車でも軽自動車となると車の耐久性が普通車より低いので過走行車両は避けた方が無難です。とくにターボなどの過給機付きエンジンはオイル管理が悪いとトラブルの原因になりますから注意が必要です。

>>車買取比べて最高値TOP 車査定業者ランキングはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket