車を売る前に修理をする必要はなし

 


車はどんなに大切に乗っていても消耗品ある以上、使用によって大小問わず傷が付いてしまうのは避けられません。

売却を考えている人の中には少しでも高い金額で売却をするためにこれらの傷を自分で修理しておこうと考える人もいますが、これは間違った考え方になります。

もちろん、車の査定は走行距離を含め新品に近い状態であるほど高額な査定が期待できるのが実情です。

とはいえ、仮に自身で修理を行なって10万円近い費用が掛かったとしても査定の金額に修理に掛かった10万円がプラスされるわけではありません。

業者によって査定の基準は異なるため一概にいくらとは断定できませんが、余程目立つ傷や凹みでない限り減額される金額は数万円程度とされています。

修理に数万円掛かって減額を免れた所で差額で考えればプラスマイナス0で手間と時間だけを浪費する結果となってしまうため傷や凹みに関しては手を加えずにそのままにしておくことが大切です。

買取業者のよっては事故車や傷のある車の販売ルートを確保している所もあって、こうした業者に依頼をすることで減額なしで査定をしてもらえることもできます。

>>車買取比べて最高値TOP 車査定業者ランキングはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket